parksの公園化。

parksは、つい3年前までは個人事業主の事務所でしたし、

会社としてはまだまだ作りかけ。

日々、いろんなことを試しながら、

メンバーと一緒にかたちを探っているところです。

 

うつぼ界隈の会社のみんなとCINRAさんでお話をさせていただく機会をもらい、

ここ1,2年ほどparksで取り組んできたことを

改めてふり返ってみました。

 

テーマとしてはずっと、「parksの公園化」という言葉が

ぼくの頭のなかにありました。

 

独立してはじめの5年間、ありがたいことに売上は右肩あがりで伸びていたけれど、

ここではたらくメンバーにとっては、ただただ仕事に追われ、

プレッシャーやストレスばかりがつのるような環境だったと思います。

 

parksがどれだけ大きな広場になろうとも

そこが草一本はえず、花の一輪も咲かないような場所ならまったく意味がないな。

そんなことを考えて、ほんとの意味でのparksになろうとしてきました。

 

ここ1,2年で、いろんなことを始めたり、変えたりしてきたのですが、

そのなかのいくつかをご紹介させてもらいたいと思います。

 

○parks day

parksが法人4期目に入った2019年7月にスタート。

事務所を公園に見立てて、オープンに開放する日をつくりました。

仕事や用事がなくてもふらっと遊びに来てもらえる時間になっています。

 

ひるの部(15:00〜18:00)

よるの部(18:00〜mid)※お酒も解禁

よるの部

だいたい、1回に来てくれる人は20〜30人ほど。

うれしいのは、事務所にこれまで来たことの無かった人が

毎回必ず何人か来てくれることです。

 

ゆくゆくは、こういうイベント日をわざわざ設けなくても

いろんな人がふらっと立ち寄ってくれるような

場所をつくれたらなと考えています。

 

○parks @ The Central Park

去年の夏、parksの女性メンバーが勤続丸5年を迎えたこともあり、

思い切ってニューヨークへ2週間ほど行ってきました。

 

当時、社員は二人だけだったので、それぞれの家族も連れていきました。

現地で活躍されている女性写真家さんにセントラルパークで写真を撮ってもらったり、

夫婦で東京からNYCに移住したというデザイナーに話を聞かせてもらったり、

2週間、少しずつ仕事もしながら、街を歩きまわりました。

 

いろんな場所とつながりをつくる、

ということもparksの公園化の一つだと思っていて、

これからも「parks@○○○park」という社員旅行シリーズを

ライフワークとして続けていけたらと思っています。

 

○parks 100 session

 

知人がコーチングの勉強をはじめたので、

parksを実験台にしてもらい、会社をどう良くしていくのかを

話し合う時間をとるようになりました。

どうやったらメンバーが楽しく働けるのか。

どうやったら仕事で関わる人に喜んでもらえるのか。

毎月4〜5時間くらいとって、みんなで話し合っています。

 

その中から、

「感動のことばを100個もらえるコピーライターチームになろう」という

4期目の目標が生まれました。

 

いつ、誰から、どんな風に喜んでもらえたのか?

なぜ喜んでもらうことができたのか?

スプレッドシートで管理して、

本気で100個の感動のことばをもらうことをめざしています。

 

それをメンバー全員で共有することで

「人に喜んでもらう方法って、いろいろあるな」という発見につながっています。

 

久岡だけでは一年間に100個の感動のことばをもらうことなんて無理なので、

一人ひとりが喜びや感動を生み出せる方法を考えて、

層の厚いチームへと成長していけたらと考えています。

 

○parks ライターチーム

年に1〜2回ほど、お誘いをいただいて

地域や企業、学生のみなさんにライティング研修をさせてもらうことがあります。

 

特に、兵庫県の淡路島や加古川という街で研修をさせてもらったときは

4日間にわたって研修を行い、課題も毎回2本ずつくらい出して

なかなか密度の濃い時間になりました。

 

そこで出会ったみなさんはモチベーションとバイタリティが旺盛で、

「parksライターチーム」というチャンネルをSlackでつくり、

いまでは仕事をお願いしたり、年に1回集まって

それぞれの近況報告をする関係になっています。

 

parksの周りに仕事を手伝ってくれるメンバーがいてくれることで

社内のメンバーに負担が集中する、という状況も防げるようになるかもしれません。

それから、せっかく研修を受けてくれた人に何か還元したいという想いもあって、

このチームの輪をじわじわと心地よいペースで広げていけたらと考えています。

 

○社外広報&総務

 

これもparksの周りに助け合える人をふやす、という取り組みのひとつです。

久岡自身が、もっと会社のことと向き合う時間をつくるために、

パートナーのまめさんが広報と総務をサポートしてくれるようになりました。

はじめの一年は、「整理」の年でした。

これまで成り行きでためてきた書類や、パンフレットなどの実績、名刺を

アナログ/デジタルを組み合わせてすべて整理しました。

 

まめの白井さんが、ほんとに“まめ”にがんばってくれたおかげで、

整理のフェーズはほぼほぼ完了。

つぎは整理した情報をどう「活用」していくかだったり、

「広報」というこれまで取り組んでこなかった領域にも

取り組んでいこうとしています。

 

○毎週、花が届く

 

これも、「parksをもっと公園らしい場所に」と考えて、

近くにあるbun bun Flowerさんに毎週花を届けてもらうようになりました。

ことばを扱う仕事をするうえでも、

メンバーに何か良い刺激になればと考えています。

 

○フィットネス 法人会員

 

大阪市内にもずいぶん増えているJOYFITの法人会員になりました。

ただしこちらは、久岡を含めて幽霊会員続出……。

もうちょっと健康的な毎日にできればと考えています。

 

 

○メンバー全員に居場所を

 

未経験からコピーライターになった時、

たぶん本職のコピーで人に認められたり、喜んでもらうようになるには、

すこし時間がかかります。

 

不安や焦りが募っていくし、焦るのは決して悪いことではないけれど、

ずっとそういう状況が続くとしんどいと思います。

 

その間も、どこかに自分の役割、居場所を見い出してもらえたら

もっと自信をもてるし、この仕事を好きになれるかもしれない。

 

そう考えて、“クラウドサービスに強い○○くん”や

“そうじのクオリティが高すぎる○○さん”など、

コピーライティング以外の役割をつくって

そこで周りのメンバーを引っ張ってもらうようにしています。

すこし長くなりましたが、

parksが社内の人にも、社外の人にとっても喜んでもらえる場所になるためには、

まだまだできることがたくさんあると思っています。

 

これからも、いろんな方の力とアイデアを借りながら、

この公園を育てていきたいと思います。

 

(久岡 崇裕)

もっと読む

parksの新しいメンバーを募集します(2019年8月)。

◯採用メッセージ

parksは、名の知れた大手代理店や制作会社ではありません。

街のちいさな事務所ではありますが、
私たちが思ってもみなかったほどに
分野も職種も超えて、いろんな人たちとのつながりが生まれています。

そして、ありがたいことに、
parksの仕事や想いに共感してくれた人たちが、
また新しいつながりを呼んでくれて、
自分たちの活動をすこしずつ広げてくることができました。

parksには、ルールがあまりありません。
それは、何でもかんでも自分の好きにすればいい、
ということではありません。

ほんとうに、
お客さんやパートナーに喜んでもらうためには、どうすればいいか。
自分たちで一つひとつ考えながら、
ことばを軸に新しい価値をつくることをめざしています。

仕事は、やらされるものじゃない。
自分で生み出し、楽しむもの。

どんなときも、どんなことも、
楽しみながら熱量をもって仕事に取り組める人に、
ぜひparksのメンバーになってもらいたいと思っています。

◯求める人物像

・人によろこんでもらう仕事をすることに夢中になれる方
・仕事を楽しめる方
・熱意のある方
・すなおな方
・思いやりのある方

◯応募方法について

Webサイトのお問い合わせフォーム(https://park-s.jp/contact/)もしくは、採用担当の西道(nishimcihi@park-s.jp)まで直接メールでご連絡ください。追ってお返事をさせていただきます。

(採用担当:西道 紗恵)

もっと読む

和菓子想いの髙山堂。

髙山堂の5代目が社長に就任されるのに合わせて、

ブランドのメッセージを

書くお手伝いをさせてもらいました。

社長をはじめ、製造や販促の現場の方にもお話を伺い、

自分たちがつくるお菓子のことを

まず自分たち自身が好きだと感じていることが伝わってきて、

それが何とも嬉しかったです。

 

もともと素敵だったWebサイトも、

さらに素晴らしくリニューアルされています。

 

5代目社長の竹本さん、とても面白い方なので、

髙山堂のこれからが楽しみです。

 

https://www.takayamado.com/

(久岡 崇裕)

もっと読む

令和はじめのご馳走。

令和はじめのご馳走は、

自分にとって一番のソウルフードから。

 

さわち皿いっぱいの、

鰹のたたき。

 

帰省したら必ず

おなじ仕出し屋に

ばあちゃんが頼んでくれてて、

 

たれをたっぷり

染み込ませて

ビールといただくのが

いちばんの贅沢です。

 

余ったぶんは

ひと晩冷蔵庫で冷やして

翌朝あつあつの白ごはんと。

 

たっぷり敷かれた

玉ねぎとキャベツが

たれの旨味をいい感じに

吸ってくれて 、

最高です。

(久岡 崇裕)

もっと読む

こんぴらさんで平成さいごの日。

こんぴらさんの参道を、

1歳10ヶ月のむすめを

抱っこ紐に入れたまま往復。

 

平成最後の日に、

ちょっとだけ

達成感のあることができました。

 

傘をさすほどでもない小雨が、

階段をのぼる体に心地よく、

新緑も、よりみずみずしく感じました。

 

元号がかわる瞬間は、

高知の実家で。

 

じぶんは小学一年生のときに

平成を迎えたのですが、

令和を迎える今年、

むすこもおなじ小学一年生。

 

いろんなことが

これからも起こるんだろうけれど、

みんなで

いい時代にしたいなぁ。

(久岡 崇裕)

もっと読む

名店ポアールが銀座に。

去年の12月、帝塚山の名店ポアールが銀座に初出店。

業態としても初の試みとなる、アイスクリーム専門店をオープンしました。

 

メッセージコピーをお手伝いさせてもらったのが3ヶ月ほど前。

今日ようやくお店に伺うことができました。

当時ヒアリングでお世話になった方が店長をされていて、

あたたかく迎えてもらえたのが嬉しかったです。

 

サービスへの想いや、この仕事の面白さを話していただき、

インタビューとして録音しておけばよかったなと後悔するくらい濃い内容に。

おいしいアイスと一緒に、たっぷり刺激をいただきました。

店長はソムリエでもあり、お店にはアイスにあわせたシャンパンも。

つぎに東京に来るときはワインとアイスをあわせて買って、

新しい楽しみ方を体験してみたいと思います。

東京の方、どなたかお付き合いいただければうれしいです。

(久岡 崇裕)

もっと読む

SWITCH WEARのはじまり。

SWITCH WEAR

はたらく私を、着替えよう。

 

——————————————

はたらくとき、

着れる服はあっても、着たい服がなかった。

だから、つくろう。

私たちが、もっと輝ける服を。

袖を通すたび、スイッチを入れてくれる一着を。

SWITCH WEARは、

ワークウエアの、新しくて自由な可能性。

明日から、どんな私で、はたらこう。

——————————————

 

ネーミングとコンセプトメッセージを

お手伝いさせてもらいました。

面白いなぁと思うのは、

ファッション業界ではなく、

建築の人たちが、

このプロジェクトのきっかけをつくったこと。

たとえば、設計会社の女性が建築現場に行くとき、

現場で着たいと思える作業着は、

なかなか無かったそうです。

 

建築のプロ、素材のプロ、

コットンの原産国を支援する人たち、

企業の垣根を越え

いろんなメンバーが集まって、

「制服・ユニフォーム」の新しいかたちをつくっていく。

それが、はたらく人たちを

さらに輝かせることにつながっていく。

ぼくはふだん、私服と仕事着の区別がないまま

暮らしているけれど、

たしかに、はたらく時の服そうって、

こころにも大きな影響を与えるのではないかと思います。

このプロジェクトが、

いろんな職場に広がっていくといいなぁ。

 

SWITCH WEAR

http://switch-wear.life/

(久岡 崇裕)

もっと読む

上着を掛けるところ。

parksに、ようやく

上着を掛けるところができました。

打ち合わせ机、本棚につづき、

木工の萬代さんにお世話になりっぱなしです。

(久岡 崇裕)

もっと読む

小田急のクリスマスカード。

ちょっと季節はずれになりましたが、

小田急グループさんの

クリスマスカードを

お手伝いさせてもらいました。

木富くんの絵が、とてもいい。

名前のところを変えて、

贈る相手の名前を一人ひとり印刷する

というのも、いいなぁ。

(久岡 崇裕)

もっと読む

春が届く。

久しぶりに事務所に出ると、

もう春が届いていました。

(久岡 崇裕)

もっと読む
more